お母さま(^^) 結果が出るのは半年後です。


朝日







今週末より、いよいよ夏休みです(*^_^*)
受験生にとって、本当に本当に大切な夏。


『夏を制するものが受験を制す』
と言われています。



学校の授業がストップしていて、新しい学習課題がない
この時が本当に大切な、夏。
今まで、理解できなかった学習内容~いわば“借金”を
できるだけ返してしまいましょう。




サミートスにも、自習スペースや
ワンコイン学習会に
たくさん受験生が 来てくれています。

ご利用いただき、ありがとうございます!!!







「うちの子どもは、勉強を自ら積極的にしない」
「やる気のスイッチが入らない」

そう、悩むお母様方へ。



みなさんに
これは、どうしても話しておきたい。



その言葉は
「お母さん(^^ゞ
 やる気が出始めて、結果が出るのは半年後です。」





今まで、やる気を起さなかったAくん

塾に通い始めて、やる気になってきました

いままでより、かなり学習時間が増えてきて

机にむかう背中もさまになってきて・・・



その様子を見つめていて
お母さまたち みなさん
期待にワクワクいたします♡♡♡

「次の期末テストは、どんないい結果になるかしら?」
「これだけ机に向かったのだから、ひょっとして・・・☆」


お母様たち(^^ゞ その期待は、ごめんなさい☆ どうか我慢してください。
「お母さん、結果が出るのは半年後です。」




勉強をし始めたお子様たち。
本人はもちろん、成績アップを期待しています。

でも、残酷なことに、そう簡単には結果はでないのです。

『やる気になってきた』
ことは
ようやく
長距離走の『スタートラインに並んだ』
ことにすぎないのです。

本番はこれから。
よーい、スタート!!して
いかに走り続けることができるかが
大切なのです。




子どもたちは
これから長距離走を走り続けなければいけないことを
知りません。
次の定期テストで、まずはよい結果のゴールができるだろうと、思っています。
お母さまも同じように、期待します。



でも、残念ながら
「定期テストの得点アップ」という結果は
なかなか、簡単には出ることができません。

今まで、理解できなかった学習内容~いわば“借金”
学習理解のマイナスをゼロに近づけて
その後で、はじめて出てきます。




結果が出なかったことに

子どもたち本人は、もちろんがっかり。

そして、お母さまたちも、がっかり。

“負の相乗効果”で、お母さまがっかりすると、子どもたちは
さらに何倍も、辛くなってしまうようです。
普段、反抗期でお母さまたちに反抗している子どもたちですが
やっぱり おかあさんを喜ばせたい、認めてもらいたい
お母さまが、がっかりすることで、子どもたちは、何倍も傷ついてしまうようです。


せっかく、立ったスタートライン。
それなのに、もう、いいやって
あきらめてしまう子どもたちもいます。

あきらめなくても、やる気がダウンしたり、
走ってもいないのに、自分の力を過少に評価したり・・・。

「やっぱり俺はダメなんだ」
「母は自分のがんばりを認めてくれない。」
「どうせ私は、やってもこんなものなんだ。」


本当に、残念です。
これからが、勝負。
まだまだ入口なのです。
これからが、素晴らしい無数の可能性のスタートなのに。。。




「お母さん(^^ゞ
 やる気が出始めて、結果が出るのは半年後です。」

結果がでるのは、スタートラインに立ち
結果が出なくても、あきらめず
コツコツ半年 そのやる気を維持して
そうすることで
次の次の定期テストで、ようやく結果に結びつくのです。

やる気が出始めて
スタートラインに立った子どもたちを
どうか、お母さまの “がっかり”という、負のベクトルで
つぶさないでほしい。

どうか、あせらず、長い目で見ていただきたい。




この夏、お母さまにとっても、勝負の日々です。

約40日間の夏休みのハーフマラソンを
お子さまが、毎日走り続けることができるよう

励まし、勇気づけてください。



定期テストの成績アップよりも
毎日の少しずつの、前に進んだ歩みを
喜んであげてください。



コツコツ自分のペースで
自分の力で、この夏
走り続けたら、
2学期スタート時には
別の景色が見えてきます。


どうかお子さまのがんばり
お子さまの力を信じて
応援してあげてください。




アメリカに留学していた方が
アメリカ人に教えてもらった言葉

Believe in your magic !!!
子どもたちには、みんな自分の中に力を持っている(*^_^*)

Believe in yourself !!!
その力を信じて、
コツコツ前へ歩み続けていくことこそが
ゴールへの一番の近道です。

自分のできるペースでいいのです。
前へ前へ、進んでいきましょう (^_-)☆☆